【異業種転職】なぜ編集経験が「企業広報」に活かせるのか──GMOグループが「広報」募集中【未経験可】

GMO オピニオン
GMO

編集者が転職先として編集者以外の仕事を選ぶケースが増えているような気がします。編集者以外で、編集経験を活かせる職種の一つが「広報」ではないでしょうか。ちょうどGMOグループが求人を出していたので、それもあわせて確認したいと思います。

編集者が広報もできる理由

編集者が広報もできる理由というより、編集業務は定義が難しいくらいあらゆる内容を含むため、広報で求められる経験や資質を備えることができるからだと思っています。

ただそれでは十分な説明と言えないので、もうちょっと具体的にみるましょう。まず一つ目はこれ。

広報文・リリース文が書ける

編集者はメディアにいて、広報・リリースを受け取ってそのニュース判断をするという経験をしています。広報になったら、今度は逆の立場に立って編集者やライターに向けた文章を考えればいいわけですし、文章を書いたり直したりという経験があるので、実際に文章を書けます。

同様に、記者会見に応じるエグゼクティブのためにトークスクリプトを作ることもできるはずです。

客観的な視点から、自社で広報・リリースになるネタを掘り出せる

最初の項目と近いのですが、社内に面白い人物がいたり、自社がユニークな取り組みをしていたりしても、なかなか自分たちのことなのでその価値に気づいていない会社は結構あります。

そこで客観的な視点から、「この内容ならメディアが取り上げる」「このトピックはこういう切り口にすれば編集者が興味を持つ」というネタを社内から発掘できます。

編集者やライターの気持ちが分かる・付き合える

編集者やライターなどメディアの人はワガママな人が多い。自分が編集者を経験していれば、広報担当者になっても、リリースの渡し方、会見の設定方法、取材現場での立ち振る舞い、アンオフィシャルな形・時間でのコミュニケーションなどで、編集者・ライターに「この広報は分かってるな」と思ってもらえます。

自社の課題を広報・リリースの発信や人と人をつなげるコミュニケーションなどあらゆる形で解決に導ける

編集者は、あらゆる企画を考えます。面白いネタを見つけても、それをどう出すのがいいか。ユニークな人物がいたとき、インタビューがいいのか、誰かと対談させるのがいいのか。本人に文章を書いてもらって寄稿という形にするのがいいのか。あらゆる可能性を選択肢に入れながら、企画を一番いいと思う形で実現させます。その過程で、人と人とつなげるというようなこともします。

広報の役割は、自社の新商品や新サービスなどをお金をかけずにメディアに取り上げてもらうことだけではないと思います。自社の課題を、外部のメディアなどを巻き込んだり、コーポレートサイトや自社ブログ、SNSなどを使って発信したりして、解決に導くことができると思います。

前者の「自社の商品・サービスを知らしめる」のが一般的な広報のイメージだといたら、後者の「メディアやコミュニケーションで自社の課題を解決に導く」のは「戦略広報」とでもいえるのではないでしょうか。

GMOの求人は?

今回DODAで見つけたGMOのグループの広報の求人は、「未経験可」の広報担当です。具体的にはGMOのあおぞらネット銀行の広報のようです。業務内容はこうあります。

GMOあおぞらネット銀行の顔として、経営陣とステークホルダーのハブとなり、企業価値の向上や事業の成長に寄与する、広報活動の全般を担当していただきます。

具体的な項目はこちらです。

・プレスリリースはじめ、メディアや外部に向けた各種文書の起案・校正
・雑誌、WEB等の各種メディアとのリレーションと取材対応
・危機管理広報サポート・グループ各社の広報担当とのリレーション
・記者発表はじめプレスイベントの企画立案・実施(将来的には、経営課題に対する広報戦略の企画立案をお任せします)

だいたいて予想通りですが、最後の「将来的には、経営課題に対する広報戦略の企画立案をお任せします」というポイントは特にやりがいがありそうですし、編集経験者ならチカラを発揮できるように思います。

必要な業務経験・歓迎条件は?「未経験可」とあるけど……

未経験可とありますが、必須条件は何でしょうか。

■必須条件:
文章作成・校閲経験
※広報経験者だけではなく、雑誌の編集経験やWEBニュース担当経験なども歓迎です

ここにまさに「広報経験者だけではなく、雑誌の編集経験やWEBニュース担当経験なども歓迎です」とありますね。このほかに、歓迎条件として、・企業広報の経験、・PR会社での経験、・新聞・雑誌などの編集者やライター経験、・PRプランナー資格保有者などが挙げられています。

予定年収は? GMOは働きやすいかも?

予定年収は500〜750万円、残業手当アリ。月給制で毎月35万円〜とあります。GMOはコロナウイルス感染拡大が始まった初期にテレワークを一気に導入したグループなので、働きやすさも高そうです。

興味がある方は詳細をDODAでご覧になってみてはいかがでしょうか(掲載期間終了)。掲載予定期間は7月6日から10月4日までとなっています。

タイトルとURLをコピーしました