「恋つづ」の次、「ボス恋」は「プラダを着た悪魔」?──編集者が登場する映画・ドラマ

ボス恋 コラム
Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

「上白石萌音がファッション雑誌編集部を舞台にしたドラマで鬼編集長の雑用係に!」というニュースのタイトルを見て、「プラダを着た悪魔?」と思った人は私だけではないはずです。そこで思ったのは、「編集者が登場する映画やドラマなどの作品が意外とあったのではないか」ということです。

上白石さん出演のドラマは『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』

火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』で「勇者」のように恋に仕事に懸命に立ち向かう新米ナースを演じ、大きな話題となった上白石萌音さんが出演するのは2021年1月スタートの、毎週火曜よる10時放送『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』。主人公・鈴木奈未 (すずき・なみ)役です。その超ドS鬼上司・麗子を演じるのは菜々緒さん、奈未と運命的な出会いをし、屈託のない笑顔で奈未を振り回す子犬系イケメン御曹司でカメラマンの潤之介役には玉森裕太さん、奈未が勤める出版社の先輩編集者・中沢涼太 (なかざわ・りょうた) を演じるのは間宮祥太朗さん。

漫画原作のドラマが多い中で、オリジナル脚本というのは挑戦ですね。あらすじの一部にはこうあります。

今作で上白石が演じる主人公・鈴木奈未 (すずき・なみ) は、その名の通り「仕事も恋愛もほどほどに。人並み (なみ) で普通の幸せを手にしたい」というイマドキの安定志向の持ち主。地方の田舎町で生まれ育った奈未は、夢もやりたいことも特にない平凡女子だ。東京で暮らす幼馴染で片思い中の健也を追いかけるため、東京の大手出版社の備品管理部の求人募集を見つけ、面接を受ける。採用されたはいいが、備品管理部ではなくファッション雑誌編集部に配属されてしまう奈未。そこで出会ったのは、最年少編集長である宝来麗子 (ほうらい・れいこ) 。彼女はまさに「バリキャリ」であり、「超敏腕」「毒舌・冷徹」な鬼上司だった!

編集者が主人公・編集部が舞台の作品

編集者が登場したり編集部が舞台だったりする映画・ドラマにはこんな作品があります。

「プラダを着た悪魔」(アナ・ウィンターをほうふつとさせるファッション誌編集長)
「ファッションが教えてくれたこと」(アナ・ウィナーのドキュメンタリー)
「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」(パーキンズはヘミングウェイやフィッツジェラルドを発掘した伝説の名編集者)
「あの頃ペニー・レインと」(『ローリング・ストーン』誌の記者が登場)
「重版出来!」(漫画原作のドラマ)
「闇の伴走者〜編集長の条件」(漫画編集者のドラマ、WOWOW放送)

記者に範囲を広げると、新聞記者やジャーナリスト、テレビ記者などを主人公にしたジャーナリズム精神あふれる作品が結構ありますが、雑誌編集者が主人公の映画・ドラマはそう多くないようです。見つけたらまた追加していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました