Web編集者求人──珍しい「上場メディア企業」の求人内容とは?

INCLUSIVE Webサイトより 転職・求人
INCLUSIVE Webサイトより

転職サイトのGreenで上場企業の編集求人を見つけました。上場企業で編集者募集はあまりない気がしたので、詳しく見てみました。なお募集しているのはINCLUSIVE株式会社で、件名にはこうあります。

【デジタルメディア編集者】急成長中芸能ニュースメディアの企画・編集メンバーを募集!(コンテンツ企画/メディア運営/コンテンツ制作/編集/トレンド分析/メディア改善)

芸能ニュースメディアの編集者の募集のようですね。詳しく見ていきましょう。

求人内容は?

今回の求人内容にはこうあります。ちょっと気になるところがありました。

・芸能ニュースサイトを芸能事務所編集部と一緒に運営します
・市場調査、読者分析、芸能トレンド分析を行いながら、記事企画に参加します
・記事の配信計画を編成し、ヒットを作っていきます

気になったのは、「芸能事務所編集部と一緒に運営する」というところです。芸能事務所に編集部があるのでしょうか。内容は芸能事務所編集部で考えて、こちらはデータの調査や分析だけするというものなのではないでしょうか。

そう思うのも業務内容にこうあるからです。

■業務内容
・芸能トレンドの調査と分析
・読者傾向の分析とペルソナの構築
・次のヒットを生み出す仕組み作り
・記事の配信計画作成
・ライターを活用した記事の制作、編集
・ウェブサイトのディレクション業務

記事の制作、編集が一番上に来ていません。業務の時系列的な流れで書いているのかもしれませんが、もしかしたら記事の制作は付帯的な業務ということなのかな?と思ってしまいます。

しかし、募集背景にはこうあります。

現在急成長により人員強化中の、芸能ニュースサイトの運営を行う編集ディレクターを募集します。
主にウェブメディアの編集者として活動していただきます。
ヒット記事を生み出す仕組みを構築し、メディアを成長させる仕事です。
時にはウェブディレクター領域の業務も実施していただきます。

あくまで編集業務が一番で、ディレクター的な役割もする、ということではあるようですね。ちょっとホッとしました。

応募条件は?

ここからはGreenにログインしないと読めない情報なので、どこまで書くか迷いますが(逆に「登録すれば読める」とも言えますが)、必須条件や歓迎条件、求める人物像やスキルなどは、「おおよそ芸能ニュースWebメディアの編集職であれば、こうなるよね」という妥当なものが並んでいます。

なお紙メディアの編集経験は必須ではなく、歓迎条件です。

想定年収は450万円〜650万円ですが、但し書きとして「記載の給与レンジは経験者を前提とした給与レンジです。年収はこれまでのご経験等を勘案し、面接を実施の上社内人事制度に基づきご提示いたします」とあります。

Green掲載ではなく、求人企業の中途採用ページも確認したところ、編集者の求人が出ていました。これはあくまで、Greenに掲載されていた芸能メディアの求人ではなく、ウェブメディア編集者としての広めの求人ですが、給与イメージはこうなっています。

年俸360~700万円(12ヶ月分割で給与支払いされます。)
(年収イメージ)
360万円:業界未経験者、第二新卒
700万円:ユニットマネージャー、部長候補

これらを見ると、だいたい想定のレンジが分かるのではないでしょうか。

INCLUSIVEはどんな会社?

さて、この求人を出しているINCLUSIVE株式会社は、マザーズに2019年に上場したベンチャーです。銘柄コードは7078

事業内容は、「ウェブメディア運営・収益化支援」「広告・プロモーション企画」「アドテクノロジーを活用したソリューション提供」「メディア展開・ブランディング戦略に関連する各種コンサルティング」とあります。

今回の求人ページには、こう説明されています。

大手出版社、テレビ局の新規事業開発支援として、メディアのデジタルトランスフォーメーションの支援、企画・編集・収益化や、ウェブを活用した新規ビジネスモデルのプロデュースを行っています。
創業以来60を超えるウェブサービスの運営に携わってまいりました。

IPを持っている会社や、Webへの進出がまだ進んでいない会社と組んでメディアを作ったりアド・プロモーションの施策を進めたりする会社のようです。自社がメディア企業として運営するというより、メディア企業と協業(支援)する会社という感じでしょうか。事業も「メディアマネジメント」となっています。

と思っていたら、実際にこのページに「協業・支援先メディア一覧」がありました。大手もありますね。anan WEB、Newsweek、日刊ゲンダイDIGITAL、女子SPA!などのロゴが掲載されています。

INCLUSIVE Webサイトより

なおメディアマネジメント以外のサービスラインアップとして、「広告運用」「プロモーション企画・PR」「エンジニアリング」「地域密着型メディアサービス」「DXコンサルティング」「M&A・提携/人材紹介」が挙げられています。

ところで業績はどうなのでしょうか。IRのページを確認しておきましょう。

INCLUSIVE Webサイト(IRページ)より

ここでは詳細な財務分析はしませんが……。株価のチャートを見ると、本稿執筆時点ではなかなか厳しいようです(板がかなり薄い)。

いろいろなジャンルのメディアに関われるかも?

2020年はコロナ禍でもありましたが、そんな中でも同社は新しいメディアのリリースも出しています。最近でも11月に「ananBeauty+」(パートナー)、12月には自社メディアとしてライフスタイル・トレーニングメディア「believe」と、40代向けのライフスタイルメディア「READY」をローンチしています。

今回の求人は芸能ニュースメディアですので、そうしたジャンルに興味がある人はもちろん、(ゆくゆくの異動を考えて)いろいろなジャンルのメディアに携わりたい人は検討してもいい求人なのかもしれません。

Greenの求人ページはこちら

タイトルとURLをコピーしました