「転職会議」は編集者の転職で使えるのか?過去に在籍した企業のクチコミを読むのは面白い!

転職会議 転職・求人

会社のクチコミ情報を書いたり読んだりできる転職会議というサービスがあるが、編集者の転職でもこれは使えるのだろうか?実際に登録して中をのぞいてみた。

転職会議ではクチコミ1投稿すると、39日間クチコミが読み放題

基本的には、会員登録をして、クチコミを1投稿すると、クチコミが39日間、自由に読めるようになる。クチコミをせずに読む場合は有償(税別980円)で読めるようだ。自分は1社の投稿をしたが、その際に3件(3項目)入力を促された。これを1投稿とカウントするのか、3投稿とするのかは分からない。

転職会議の登録のステップ

まず名前や最終学歴などの個人情報をひととおり登録しなければならない。そして少なくとも1社は在籍した会社の情報も入れる必要がある。いつからいつまで、職位などだ。それはそうだろう、クチコミを入れてもらわなければいけないのだから。

クチコミを投稿する前に在職時の情報を入力

個人情報を入れた後、クチコミを読むために早速自らも投稿してみることにした。

投稿画面に行く前に、こんな内容はやめてね、というNG例を挙げて釘を差される。「個人を特定する内容」「誹謗中傷を意図した内容」「誇張した表現」といったものだ。

NG例

クチコミを投稿する企業を選んだら、その企業での在籍期間、職位、給与額、所定労働時間、平均残業時間、有給消化率などを記入させられる。その上で、「あなたは株式会社●●●で働くことを親しい友人や家族にどの程度お勧めしたいと思いますか?」という質問に10段階評価でこたえてから、クチコミを投稿できるようになる。

11項目の中からまず3項目に答えるよう促される

転職会議では、クチコミを投稿できる項目(ジャンル)は次の11種類用意されている。

  • 年収、評価制度
  • ワークライフバランス
  • 仕事のやりがい、面白み
  • 面接・選考
  • 退職理由、退職検討理由
  • 女性の働きやすさやキャリア
  • 社員、管理職の魅力
  • 事業の成長性や将来性
  • スキルアップ、キャリア開発、教育体制
  • 入社理由、入社後に感じたギャップ
  • 福利厚生、社内制度

ここから項目から3項目選んで投稿する。

具体的には、各項目に2問程度の設問があって、それぞれに答えればいい格好。上の画像はすでに「入社理由、入社後に感じたギャップ」に答えているので、あと2投稿するよう促されている。

ちなみに各項目、すくなくとも150字は入れなければいけない。意味をなさない文字列などの投稿はNGと書いてある。

また、各項目で5段階評価をすることになる(下図)。

つまり、その企業の「面接・選考」について★5つまでで評価したうえで、その項目についてのいくつかの質問に答える。これを3回繰り返すわけだ。

そして3投稿すると晴れてクチコミが読み放題になる(39日間)。

転職会議登録時の注意点 転職エージェントは登録「辞退する」が可能

ここで個人情報の登録、つまり投稿に至る前に「トリッキーだな」と思った点があるので紹介すると、途中で転職紹介企業、エージェント企業への登録をうながされる(下図)。

たとえば自分はこれらの業者に登録したいとは思っていなかった。そもそもBIZREACHには登録しているので、登録しても仕方ないし、Re Designerというサービスはデザイナー向けだし。他の業者も過去に利用したことはあるが、あまり有益な情報は得られなかった気がするからだ。

このため、チェックボックスをチェックせずに「次へ」を押したのだが、やはりダメで進むことを許されず、チェックを促された。「登録しなければいけないなら仕方ないか……」と思ったのだが、よくよく画面を見ると小さく、薄く「辞退する」と書いてある。

これに気づいて「辞退する」をクリックすると、登録せずに次の画面に進むことができた。こういうやり口はよくないとハッキリ思う。

転職会議にはどのくらい「編集」関連のクチコミがあるのか?

自分の投稿が終わったところで、早速、編集関連のクチコミがどれくらいあるか検索してみた。フリーワードに「編集」「ライター」と入れて検索(下図)。

すると結果は、編集が293件、ライターが103件(下図)。おー、結構あるなぁ……。

と思ったが、よく検索フォームを見ると、

口コミのない企業を表示する
解散済みの企業を表示する

とある。それでは意味がないので、チェックボックスを外して検索しなおすと……

編集が7件、ライターが3件と激減……。これでは参考になりそうにない。

ただこれはあくまでフリーワードに入力して調べた結果。本文中にその言葉が入っているものだけかもしれないので、カテゴリなどから潜っていけばあるかもしれない。

転職会議で業界別にクチコミを調べてみると

フリーワードで検索するとほとんどクチコミがないことが分かった。

検索フォームには、フリーワード以外に「業界」と「本社所在地」しか入れられないので、「業界」で調べてみることに(職種で調べられないのはなぜ!)。

まずデザイン・出版・印刷業界の口コミは……2064件あった。

そしてWEB・インターネット業界の口コミは……795件ある。

急に増えたような気はするが、WEB・インターネット業界の口コミが795件って少なくないか?そもそも、いずれも職種を指定していないので、編集・ライター・コンテンツ企画以外の職種経験者の口コミもあるはず。そう考えると、編集・ライターのクチコミは現状あまり多くないのかもしれない。

転職会議では「求人検索」もできる──掲載企業数は約4万社

ただ転職会議はクチコミを書いたり読んだりできるだけではない。求人検索もできる。本稿執筆時点で、求人は39087社掲載されていると書かれている。

職種から絞り込んでみる

トップページの「求人をさがす」コーナーには、「職種から探す」と「勤務地から探す」があるので、「職種」から探してみることに。

なお実際には、求人は「職種」「勤務地」「業界」で絞り込める。その画面に行くには、トップページのロゴ横にある「求人を探す」をクリックする(下図)。

すると、次の画像のように、「職種」「勤務地」「業界」で絞り込む画面が出てくる。

トップページから「職種から探す」ことにしてみよう(下図)。編集やライターの分類は「クリエイティブ系」だろう。

クリエイティブ系をクリックすると、「クリエイティブ系の求人は全2904社」と表示され、そのうえで勤務地や詳しい職種での絞り込む画面が出てきた(下図)。

絞り込みで表示された職種は次のとおり。

  • WEBデザイン・WEB企画
  • 映像・音響・イベント・芸能
  • インテリア・工業製品
  • 広告・グラフィック
  • ゲーム・マルチメディア
  • 出版・印刷関連

この中なら「WEBデザイン・WEB企画」「出版・印刷関連」をチェックだろう。

クリエイティブ系>WEBデザイン・WEB企画で検索する

まず「WEBデザイン・WEB企画」を押すと、全1969社と表示され、さらに詳しく職種で絞り込めることが分かった。

  • WEBデザイナー
  • HTMLコーダー
  • WEBプロデューサー・WEBディレクター
  • WEB編集・コンテンツ企画
  • その他のWEB関連職

この中なら「WEB編集・コンテンツ」だろうということでクリックすると……

結果は1107社だった(クリエイティブ系>WEBデザイン・WEB企画>WEB編集・コンテンツ企画)。

クリエイティブ系>出版・印刷関連で検索する

それではもう一方の「出版・印刷関連」を選んでみると、全204社と表示され、次の職種でさらに絞り込めることが分かった。

  • 編集者
  • カメラマン
  • 校正
  • 記者・ライター
  • その他の出版・印刷関連職

ここはさすがにドンピシャの「編集者」をクリックすると……

結果は84社だった(クリエイティブ系>出版・印刷関連>編集者)。

会社数でいうと、まぁまぁあるような印象ではあるが、実際には“かすっている案件”が多数あるのだろう。

業界で選ぶこともできるが……

以上、職種で調べたが、「業界」で絞り込むこともできる。ただ該当しそうなのは、「IT/通信/インターネット系>WEB・インターネット」と、「マスコミ/広告/デザイン/ゲーム/エンターテイメント系すべて>デザイン・出版・印刷」あたりだろうが、この分類ではあまり期待できなさそう。

ちなみに前者は1078社、後者は335社だった。

実際に応募するならエージェント登録が必要なことも

いくつかの求人情報を見たが、応募要項(応募方法)のところに、「この求人は採用企業からリクルートエージェントがお預かりしている求人情報です。・ご応募にはリクルートエージェントの転職支援サービスへのご登録が必要です」などとあった。

それはそうだろう。おそらくこのサービスはあくまでクチコミ転職サイト。WEBでクチコミや求人情報を集めて整理して提示するサービスということなのだろう。

転職会議の運営企業はリブセンス 最年少東証1部上場社長で話題に

運営企業はリブセンス <6054> という1部上場企業。2006年2月設立だが、11年12月にマザーズ上場、12年10月には1部に市場変更をしている。設立時点で村上太一社長は大学生、1部上場時点でも最年少ということでニュースになったことを記憶している人もいるだろう。

創業時はアルバイト情報サイト「ジョブセンス」(現マッハバイト)を提供。今回紹介した「転職会議」のほかにも、専門職の競争入札型転職メディアの「転職DRAFT、や成功報酬型の「転職ナビ」などの人材サービスを提供している(求人分野以外では不動産関連のIT事業も手掛けている)。

転職会議の感想 編集関連求人は多くなさそうだが、過去在籍した企業のクチコミは面白い!

以上、転職会議の登録方法や、編集者が興味を持ちそうなクチコミ情報、求人の件数・概況を調べてみた。正直あまり多くはなさそうだが、「編集者」が「営業」といった分類より細かいし、致し方ないのではないかと思う。

ただ、今回転職会議に登録して、過去に在籍した企業についてクチコミを見てみたが、とても面白かった。自分もその企業のことを知っているわけだが、納得できるものもあれば、「そんな見方をする人がいたのか」と意外に思えるものもあった。

クチコミを書いた人の年代や、年収、いつごろ在籍したかも分かるので、自分の年代と照らし合わせて「そんなにもらっている人がいたの?」とか「若手はやっぱりそのくらいの年収だったのか」と思いながら見るのが楽しい。

自分はまだ、過去に在籍した企業のクチコミくらいしか見ていないが、興味・関心がある会社、ライバル企業のクチコミを読んでみるのはきっと面白いだろうなと思う。

ちょっとでも興味を持ったら転職会議に登録してみてはどうだろうか。なかなか聞けない赤裸々な意見が並んでいること請け合いだ。

タイトルとURLをコピーしました