NewsPicks for Businessがエディター募集 「編集能力」を活かせそうな求人では?

UZABASE アルファドライブ求人ページより 転職・求人
UZABASE アルファドライブ求人ページより

いわゆる意識高い系のビジネスパーソンから支持されているNewsPicksがエディターを募集しています。今回は”for Business”のコンテンツエディターとのことですが、どんな職種なのでしょうか(なお意識高い系という言葉はネガティブにとらえていません)。

NewsPicksの動き

NewsPicksといえば、もともと法人向け・To Bのデータベースサービスを開発・提供していたUZABASEが始めたTo Cの事業。要は誰でもニュースにコメントがつけられるというもので、プロのコメンテーターをプロピッカーとして支援したり、独自コンテンツをつくったり、幻冬舎と組んで書籍や雑誌をつくったり、アカデミアというサブスクサービスを提供したりしています。

最近の動きでいえば、佐々木紀彦さんが退任されたことでしょう。

東洋経済からNPに移られて、法人化、新規ビジネス立ち上げ、規模の拡大、質の向上においてけん引してこられた方だと思っていますが、次の挑戦が楽しみです。

NewsPicks for Businessとは?

今回求人が出ているこの事業は、株式会社ニューズピックスと、株式会社アルファドライブの共同事業にかかわるようです。そもそもアルファドライブ社は、ユーザベースのグループ会社です。アルファドライブ社の取締役にはニューズピックスの坂本大典さんがいらっしゃいますし、そもそも事業内容に「Uzabaseグループのアセットを活かしたSaaS開発」とあります。

株式会社アルファドライブは、基本的には企業変革を推進するコンサルのようで、既に人材育成ソリューションの「NewsPicks Enterprise」を開発、展開しているそうです。

今回の募集背景にはこうあります。どういうことをやって欲しいのかよく分かりますね。

クライアント企業の抱える課題をコンテンツの側面から解決に導き、企業変革をドライブさせていくコンテンツエディターを募集

各種ウェブコンテンツの企画・編集やイベント・セミナーの企画など、編集力を存分に生かし、クライアントの企業変革を推し進めていただくポジションです。クライアント企業の課題解決だけでなく、AlphaDriveの発信力を強め、ブランド力を高めていくためのコンテンツ企画やイベント・セミナーの企画もお任せしたい

デスク的な編集者として、外部の編集者やライター、カメラマン、デザイナー、クリエイターと連携し、目的に沿ったハイクオリティなコンテンツの企画制作をすることで、クライアント企業変革に伴走

エディターといってもテキストコンテンツだけを企画・編集するのではなく、イベントやセミナーなどもやる。基本的には企業が抱えている課題をコンテンツで解決するのが目的。“デスク的な編集者”とあるので、外部リソースに取材や執筆・編集などは任せるプロダクションマネージャー、ディレクター的な動きをする、という感じでしょう。

条件は?エントリー時に課題提出が必須 給与レンジは?

編集や記者の経験は必須で、スポンサードコンテンツに関わったことがある人は歓迎とのこと。Entry時には過去に手掛けたコンテンツ3点と、「日本企業への処方箋」をテーマにしたコンテンツの企画書または原稿を出す必要があります。

給与についてはレンジの提示などありません。

本や雑誌を作るだけではない、「編集者」の才能を活かす一つのカタチ

編集者というと、本や雑誌を企画して作る人、というイメージは強いと思います(最近は「編集者 求人」で検索すると、YouTube動画の編集者を求めるという情報ばかり出てきますが)。

本や雑誌が売れなくなったといわれます。

いや、電子書籍を入れれば意外と売れているのですが、「紙」であることにこだわりを持つ編集者は多く、紙の雑誌の休刊が相次いでいる状況からすると、編集者の転職、キャリアアップは難しい状況にあると思います(だからこのサイトをつくったわけですが)。

たしかに最近、紙からWebに活動の場を移した編集者も増えているようです。ただそれにも限界がある。というのも、紙で活躍していた編集者の自尊心を満たせるメディアの数はそう多くありませんし、編集者・編集長の席には限りがある。

こうした状況を踏まえて、編集者が考えるべき選択肢だと思っているのが、今回の求人のような「必ずしもテキストコンテンツをつくるだけではない仕事」に就くことです。

イベントやセミナーをやったり、クライアントの意見を取り入れながら視聴者・読者を満足させたりと狭義の編集者とは言えない仕事なのかもしれませんが、編集者の「企画力」「時代を感じる力」「ネットワーク」「好奇心」などを活かすことを考えたとき、必ずしもアウトプットが紙の本や雑誌である必要はないと思います。

編集者の中にはクライアントワークを苦手に思っている人や、下に見ている人もいるかもしれません。それはそれで一つの考え方・あり方なので否定しません。そのままがんばっていけばいいと思います。

ただ「もったいない」とは思います。クライアントワークだからといって、面白くないものをつくっていい(つくっておけばいい)というわけではありません。編集者が面白いと思うコンテンツを世に出すまでのハードルは、非クライアントワークと比べれば多いかもしれませんが、カタチはどうあれ、編集者としては、自分が面白いと思うもの、いいと思うもの、役に立つと思うものをつくるということに変わりはありません。

アルファドライブ社のことをよく知っているわけではないですし、NewsPicks for Businessについても求人情報で読んでサイトを見た程度しか知りませんが、面白そうな仕事と感じたことはたしかです。

編集経験があって、アルファドライブ社のバリュー、NewsPicksの世界観に共感を覚えてる方は検討してみてはいかがでしょうか。

求人情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました