VICEがニュースライターを募集中

VICE media 転職・求人
© FAIRCHILE PUBLISHING, LLC

LinkedInで見つけたのですが、ネットメディアのVICEがライターを募集しているそうです。

VICEとはどんなメディア?

Vice(VIce Media)はカナダで1994年に設立されたメディアで、もともとはパンクやドラッグなどをテーマにしたフリーペーパーだったそうです。今はアメリカ、ニューヨークが本拠地のようです。デジタルメディアで世界中に支部を持ち、Netflixなどの媒体にもコンテンツを提供しています。

特徴としては、ミレニアル世代の若者ををターゲットにした、カルチャーから政治・時事ネタも扱う、ジャーナリスティックでビジュアルにもこだわったデジタルメディアであること。早くから動画の配信もしていたことも特徴でしょう。

数年前ですが、VICEの日本編集長は積極的に取材に応じていたようです。

VICE Japan代表&編集長インタビュー バンドマンからメディアの運営になった2人の苦悩と展望

VICE Japanってどんなメディア? ヨッピー氏が調査したディープな実態

カテゴリは、NEWS、MUSIC、LIFESTYLE、DRUGS、LGBTQ、ART、FASHION、TECH、OCCULTなどがあるようですが、グランドメニューにはREAD、YOUTUBEの表示もあります。前者はタグのようなものでしょうか。

VICEではどんな記事が出ている?

どんな記事が掲載されているかというと、こんな感じです。なんとなく傾向が見えてくるのではないでしょうか。

ケンドリック・ラマーが語る、フッドへの想い

Black Lives Matterを本気で考えよう

ルー・リードの写真から考える、シス男性とトランス女性の恋愛を美化する危険性

目指すは大麻の”布教”──ラッパーと牧師が異色のタッグ

YouTubeチャンネルにある動画は?

YouTubeチャンネルにあがっている動画も個性的です。

一夫多妻制のモルモン教分派で生まれた男性の苦悩

英国地下格闘技 素手で殴りあう漢たち

旧車の祭典でコール最強を目指すバイク女子 – Q-1 GRAND PRIX EP01

などいろいろ。最後の「旧車〜」は日本オリジナルのようです。

記事にしても動画にしても、個性がよく分かりますね(政治や文化に対するスタンスがどうか、までは確認していませんが)。

求人内容は?

それでは求人内容を確認してみます。タイトルは「ニュースライター」です。

News Writer, Digital News

どんな人を探しているのでしょうか。

VICE News is looking for an ambitious, motivated staff writer in Japan to join our growing international news team in APAC. The right candidate has an excellent news sense, the ability to find new or underreported angles and stories, and a strong appetite for bold reporting that breaks news and starts conversations around the world. The staff writer role is fast-paced and demanding; you should expect to pitch original stories on a daily basis, juggle multiple assignments and leads on an ongoing basis, and file multiple enterprise pieces per week. This is a position for someone eager to learn a lot — from filing public records requests to tackling a major investigation — and who wants to hone and refine their mastery of one or more core VICE News beats (including labor, inequality, climate, extremism, politics, and identity).

アジア太平洋地域のインターナショナルチームに入る野心的でモチベーションのある社員ライターを探してると。ニュースセンスがあり、新しい、または誰も見つけていない視点や話を見つけられること、さらには世界中のニュースや会話になるトピックを報じることに強い意欲があること──などと書かれています。

Clean, quick copy and a readiness to pick up the phone (or hit the pavement) are all must-haves in this role. Experience with digital video or audio is a plus, but not required. This role will report into editorial leadership located in APAC.

あとはデジタル・ビデオの経験があるといいけどなくてもいいとか書かれていますね。

もし入ったらやるべきことも書かれています。

Primary responsibilities include:
Ideate and pitch reported stories on a daily basis; you should be an ideas machine and we’ll partner you with the right editor to bring those ideas to life
Report and file several clean, thoroughly sourced stories per week that will appeal to a global audience
Consistently publish creative enterprise work and scoops; your goal is to move the needle and start conversations on your beat
Collaborate across the newsroom and bring your expertise and ideas to teams and initiatives beyond editorial
Contribute to multimedia reportage in other formats which include video, audio, photography, and more

毎日ネタ考えてアイデアを出し、編集部が編集者をつけてくれるそうです。グローバルな読者に向けたストーリーも毎週出して欲しいとのこと。さらに企業向けのクリエイティブ制作も定期的にやるようです。ビデオや写真などいろんなフォーマットでの展開にも貢献してほしいとありますね。

そして応募の必要条件もあります。

Requirements:
Minimum of 3 years of journalism experience as a writer for an online publication focused on Japan and East Asia.
A proven track record of news judgment and reporting skills.
Creative, enterprising story ideas that break the mold on a given beat, and a proven ability to execute on them.
A collaborative spirit, and the ability to work across teams and with other reporters.
Openness to innovate, explore and contribute to multimedia formats in various platforms.
Fluent in English and Japanese.

最低でも3年のジャーナリズム経験。日本や東アジアにフォーカスしたオンラインメディアでのライター経験ですね。協調性があって、他のレポーターとともにチームで働ける人、英語と日本語が流暢であること──などが条件のようです。

LinkedInで見たと冒頭に書きましたが、VICEのサイトのRecruitページにも求人が出ていました。そこから応募もできるようなので、Webメディアで勤務経験のあるバイリンガルの方は検討してみてもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました