編集志望者は何学部を選ぶべき?──【結論】「学部は関係ない」(ならば学生時代に何をすべきか?)

女子学生,パソコン,編集 オピニオン
こうまる / 写真AC

タイトルにも書いたとおり、結論は「何学部がなんて関係ない」ということなのですが、これはほかの職種でも──免許が必要だったり、よほど専門性が高かったりする職種はともかく──同じようなことが言えるでしょう。なぜ関係ないのか、大学時代に何をすべきなのかを考えてみました。

マスコミに関係する学部もある

たしかに大学の学部で、マスコミ・メディアに関連するところは少なからず存在します。有名なところでは新聞学科、メディア学部といったそのままの名前の学部学科を設置している大学は存在します。

これらの学部学科で学ぶことが無駄だとは思いません。

しかし、筆者はこれまで会った新聞記者で新聞学科の卒業生に会った記憶がありません。有名な大学では上智に文学部新聞学科があり、上智の卒業生は数人知っていますが、たしか新聞学科ではなかったと記憶しています。日大にも新聞学科が法学部にありますが、日大卒の記者に私は会ったことがありません(出身大学の話までするような記者仲間がそんなにいないということが大きいとは思いますが)。

放送系のメディアでは事情が異なるかも?

メディアといっても新聞や雑誌などのプリントメディアではなく、TVやラジオなどの放送メディアでは大学で学べることの意味がまた違うのかもしれません。

なぜなら実習するのに設備が必要だからです。

放送系の仕事が学べる場としては、大学の学部だけでなく専門学校もありますが、これも設備があるところでないと学べないことがあるからでしょう。

ただ私のイメージでは、放送技術者やカメラなどを育てるところであって、ディレクターを育てるところというイメージはあまりありません。

編集者の専門学校もあるが……

編集者を育てるという意味では、専門学校もあるのでしょうが、大手メディアは大卒、それも有名な国立大や有名私立大を出ている人が多いです。そういう大学を優先的に採用するからです。

大手や著名なメディアに入りたい、編集者になりたいという人は、そうした大学を出ておいたほうがよいでしょう。

大学時代に何をすべきか

将来、編集者になりたいなら大学時代に何をすればいいのでしょうか。

働きたいメディアでバイトする

これは編集者に限らず、大学時代に学ぶ意味があるかもしれないと指摘した放送メディアの仕事に就きたい場合も同じかもしれませんが、行きたいメディアでバイトしてみるのが一番いいと思います。

多くのメディアは東京にオフィスを構えているので、東京の学生はその点恵まれていると思います。ただテレビ局や新聞社は地方にもありますし、夏休みなどの期間を利用して上京して出版社でバイトするといったことも可能なはずです。要は熱意です。

なぜバイトをするといいかといえば、雰囲気を実感できる、すぐに使える能力がみにつく、業界に知り合いができる(コネができる)からです。

出版社に入りたいなら出版社でバイト経験があるほうが、編集やメディアづくりを学校で学びましたという学生より有利なのは間違いありません。

バイト以外の方法もある

バイト以外にも編集者に近づくための方法があるとしたら、実際に本や雑誌をつくってみるということではないでしょうか。

アニメーターや漫画家になりたいならアニメの専門学校にいかなくても、自分でアニメや漫画を描いてしまえばいい。それと同じことだと思います。

テーマを決めて、取材して、写真を撮って、レイアウトして完成させる。雑誌や本、Webメディアをつくってみるといいと思います。

クオリティなんて低くて当たり前です。最近では制作のソフトも安価ですし、Webであればサイト構築はほとんどお金をかけずにできます。まずは作ることで、誰かの目に留まる可能性も出てきますし、名刺代わりにもなり、就職活動でも有利にはなっても不利な材料にはならないはずです。

それでは編集者になるためには学部はどこでもいいのか?

これは人それぞれで正解はありません。

ただ管理人の知人は、医学部を出て今は医師にならずに医療系のジャーナリストになっています。彼の場合は医学部を出た意味はあったでしょう。おそらく医師になるつもりで医学部を選んだものの、結局その道を選ばなかった。でもきっと後悔はしていないはずです。

そして管理人本人は高校生の頃、学部を選ぶ際に経済・経営・商学部以外から選んだはずなのに、結局、金融や経済の編集に就きました。高校生の自分にこのことを伝えると驚くのではないでしょうか。

つまり将来何がどうなるかは分かりませんし、これが正解ということはありません。

ただ、漫然と選ぶのではなく、選ぶ今の時点でその先を見越して自分で決めることが大事だと思います。流されず、なんとなくで決めるのではなく、「今の時点ではここを選ぶ。なぜなら今は将来こういう目的があるからだ」ということが説明できること。

「編集者になるために外国語を強みにしたい」「●●というメディアに入りたいが、その会社はこの学部からたくさん採用している」といったものから、「バイトに時間を費やすためにこの学部にする」というのもアリかもしれません。

少なくも、自分で考えて自分で決めることができる人であれば、その後に予定や志望が変わっても、また考えて新しい決断ができると思います。

タイトルとURLをコピーしました