ライターも「大手メディア」を一度は経験したほうがいい5つの理由

オピニオン
Photo AC

Webメディアが雨後の筍のように生まれているので、メディアのライターや編集者になることは簡単ですが、大手メディアへの就職・転職は簡単ではありません。

簡単ではないのですが、いや簡単ではないからこそ、目指せるものなら目指したほうがいいと思います。

大手メディアでライターを経験し、その後中小メディアに転職した経験を持つ筆者が、その理由を考えて、5つにまとめみました。

理由1 教育に時間がとってもらえる

大手メディアは教育に時間がとってもらえます。たとえば新聞社などでは、記者がたくさんいますので、新人記者がたくさん書かなくても回るわけです。それこそ10行の記事を書くところから始められます。もちろん、下手でもたくさん書いて直されるうちにうまくなるとも言えますから、いきなりたくさん書かせてもらうことで育ったという人もいるでしょう。

しかし、そういう環境では、往々にして戦力して計算されているだけで、育てようという雰囲気や仕組みはありません。正しい素振りの仕方を教えられないまま毎日バッターボックスに立たされても、いつまでたってもうまくいきません。

ライターにとって重要なのは、文章の巧拙だけではありません。取材の仕方、裏のとり方、取材先とのコミュニケーションのとり方など、学ぶことはいろいろあります。ライターの仕事はキーボードに向かってから始まるのではありませんから。

ただし、正しい素振りの仕方を教えてもらっても、自主練習しなけければうまくなりません。何もできない新人として会社から求められている以上に練習して、試合にできるアピールをしなければ、大手メディアに入った意味もなくなります。

理由2 取材がしやすい

大手から新興のメディアに移ってつくづく思うのは、大手メディアの看板があると取材しやすいということです。もちろん逆にしづらいこともあります。たとえはリベラルな人は産経新聞の取材は受けたくないでしょう。

ただおおむね「誰もが知っている」メディアにいると、まずメディアの説明をする必要がありません。知られていないメディアから取材の依頼をしようとすると、企画の意図を説明する前に、メディアの立ち位置について説明しなければいけません。

理由3 先輩や同期、部下などが多くネットワークができる

大手メディアは組織も大きいため、同期や先輩・後輩、上司・部下も多いわけで、ネットワークができます。辞めた後も、別のメディアに移って似たような仕事を続ける人が多いわけですから、ネットワークは広いほうが何かと助かるはずです。

理由4 影響を感じられる

大手メディアはなぜ大手かというと、多くの読者を既に獲得しているからです。多くの露出ルートを持っているからです。

それこそペーペーのライターが書いた記事でも、大手メディアに掲載されることで、多くの人に読んでもらえ、多くの感想がもらえます。もちろん批判や時には非難もあるでしょうが、書いて発信することの影響というものを実感できるシーンに遭遇できます。

それは影響力を感じられるだけでなく、責任というものを感じるきっかけになると思います。

理由5 中小メディアと比較ができる

上で述べた理由を包括したような項目ですが、いずれ中小メディアに行った時に、大手と中小を比較できます。メディアとして、組織として、企業としてもです。

上でも述べましたが、大手メディアは人気が高いため入りやすいとは言えません。でも、だからこそ入れるチャンス、入りたいと思える会社・大手メディアがあるならトライしてみたほうがいいと思います。中小メディア、弱小メディアであれば、それこそ今でなくても入れる可能性はあるはずですから。

何事も比較の対象・自分なりのものさしを持っておくことは大切です。中小同士を比べていては気づかない、でも大手と比べて初めて気づくこともあるのではないでしょうか。

決して「大手>中小」ではない

付け加えますが、大手メディアのほうがすべての面で中小メディアよりいいと言っているのではありません。大手メディアにもダメなところはたくさんあります。組織が大きいと決断が遅かったり、社内政治というものがあったりします。大手がホワイト企業とも限りません。

その点、中小メディアは裁量権も大幅に与えられ、書きたいことが書きやすいことが多いはずです。大手メディアを辞めた上司や先輩もいて、働きやすい編集部をつくってくれるかもしれません。

大手メディアを経験しないと何事においてもダメと言っているのではありません。ただ身を置くことによるメリットもあるので、挑戦する機会があったらしてみるといいと筆者は思っています。

タイトルとURLをコピーしました