ヤフトピの担当者になれる?ヤフーが編集者を求人中

ヤフー,キャリア採用,中途採用,求人ページ 転職・求人
ヤフー企業Webサイトより

ヤフーが【Yahoo! JAPANトップページ】編成/編集の担当者を募集しています。dodaでは「【東京/福岡/正社員】ニュース・トピックス編集担当/日本を代表するインターネット企業」というタイトルで出ています。

dodaを検索してみると、「【在宅・リモート可】編成・編集担当 ※Yahoo!トップページ/ユーザー動向の分析~編集まで」という求人もありました。詳しく見ていきましょう。

求人は2件出ている

最初に整理しておくと、ヤフーの編集関連業務は2件、求人が出ているようです。

求人1 【Yahoo! JAPANトップページ】編成/編集
求人2 【Yahoo!ニュース】編集

そして、それぞれに対してdodaでもページが用意されています。

doda1 【在宅・リモート可】編成・編集担当 ※Yahoo!トップページ/ユーザー動向の分析~編集まで
doda2 【東京/福岡/正社員】ニュース・トピックス編集担当/日本を代表するインターネット企業

求人1がdoda1、求人2がdoda2というわけです。整理しながら確認してみます。

求人の具体的な内容は?まず「求人1」から

業務内容は、「Yahoo! JAPANトップページに掲載する情報やコンテンツの編成、編集を担当」とあります。具体的には、「トップページ編成」と「タイムライン編集」の2つの業務から希望を選べとあります。まずトップページの“編成”から見ると……

【トップページ編成】
世の中のニーズに合わせて、Yahoo! JAPANトップページでの特設コンテンツの提供や各サービスの編成編集を行っていただきます。
・特設コンテンツ(スポーツ、災害関連等)の編成、編集
・提供コンテンツ、サービスの編成戦略策定
・利用動向の分析や効果検証

次にタイムラインの“編集”。

【タイムライン編集】
タイムライン(Yahoo! JAPANトップページの中段より下の部分)において、コンテンツやタグの編集と編成、ユーザーの興味関心に応じて表示するコンテンツを最適化させるための改善を行っていただきます。
・コンテンツの選定、分析、改善、
・レコメンドエンジンの改善や品質維持
・タグの編集、編成

トップページの編成担当者の業務内容にも「編集」の文字はありますし、担当するページの位置は違えど、やることにないのかもしれません。ただ紹介文からすると、やはりトップページの担当者のほうが規模感の大きそうな、プロデュース業務に近いような印象を受けます。

 

ただヤフーには「3年ごとに異なる仕事を経験できる機会を提供するジョブローテの制度や、『ジョブチェン』という自己申告制の異動制度」があるそうなので、ずっと同じ担当ということもないのかもしれません。

求人2のほうはどうか?

こちらの主な業務は「Yahoo!ニュース 、トピックスの編集」とあり、こう説明されています。

Yahoo!ニュースに掲載するコンテンツの編集を担当していただきます。
配信元からお預かりした記事をキュレーションし、見出しをつけるなどして、ニュースをタイムリーにユーザーへ届ける業務です。

求人1との違いが分かるような分からないような……。

必要な経験年数は2年以上?3年?

求人1と求人2の違いは必須条件を見るとよく分かります。まず求人1(赤太字は筆者)。

必要な経験/スキル
以下いずれかの経験
・ ニュースサイト、新聞、テレビ、雑誌等のマス向け媒体での編集、編成、制作など、コンテンツに関わる業務の経験(2年以上
・ コンテンツ、エンターテインメント、総合通販などにおけるマス向けプロモーション業務の経験(2年以上

あると望ましい経験/スキル
・ ウェブメディアに関する知見
・ 広告運用の経験
・ 分析業務の経験

そして求人2についてはこうあります(赤太字は筆者)。

必要な経験/スキル
・ 報道機関、もしくはそれに準ずるメディアでニュースを扱った経験(5年以上
・ メディアでの、整理、編集、ウェブ、企画、マーケティングなどの経験、スキル

あると望ましい経験/スキル
・ 報道機関でのキャップクラスの経験
・ ニュースサイト、ウェブサイトの立ち上げや運用経験
・ ウェブ系サービスの機能開発、ディレクション経験、プロジェクトマネジメント経験
・ 自身で企画や業務設計、PDCAを回した経験
・ チームマネジメント、メンバーマネジメント経験
・ 他部署を巻き込んで仕事をした経験
・ ユーザーインサイトの分析経験

求人1のほうは経験が2年以上、求人2のほうは5年以上とあるので、求人2のほうがマチュアな経験者にやってほしいということでしょうね。

ただ求人2のほうは、dodaではちょっと書き方が異なっています(なお求人1のほうは、dodaでも経験2年以上で同じでした)。

dodaではこうあります(赤太字は筆者)。

■必須条件:
・記者やライター、または書籍、雑誌、Web編集者としての経験3年以上
・上記項目に準じたコンテンツの作成や流通に携わった経験
・インターネット全般に関する知識
・円滑なコミュニケーションスキル

■歓迎条件:
・ニュースサイト、Webサイトの運用経験
・ディレクションの経験
・報道機関での記者としての経験

こちらでは経験が3年以上とありますね。あとヤフーの企業サイトでは「報道機関、もしくはそれに準ずるメディア」での経験としていますが、dodaでは「記者やライター、または書籍、雑誌、Web編集者として」の経験としています。このあたりはなぜ異なるのでしょうか……。

給料などの待遇はどうか?

給与などの待遇面はどうでしょうか。ヤフーの企業サイトではいずれも「経験、業績、スキル、貢献度に応じて、当社規定により優遇します。」とあり、想定給与額は明示されていません。

ですが、dodaには予定年収が書かれています。

まず求人1にあたるほうは「<予定年収> 500万円~800万円」とあります。

そして求人2にあたるほうは「<予定年収> 600万円~1,000万円」とあります。

やはり、求人2のほうが、マチュアな経験者を求めているようです。

勤務地・働き方についても異なっていて、求人1は想定勤務地を「東京」としていますし、dodaのほうではタイトルにカ【在宅・リモート可】と入れてあります。一方の求人2ほ想定勤務地は「東京都・福岡県」です。

ただ求人2のほうも詳細には、在宅・リモートについて「相談可」とあり、これは求人1も同様です。つまり両方とも「在宅・リモート可」ということですね。

誰もが知るヤフー・ヤフトピに関わる仕事

いずれにせよ、Webメディア編集者はもちろん、おそらく日本中のほとんどの人が知っている存在であるヤフー、ヤフトピに関われるかもしれない求人なので、興味がある方は応募を検討してみてはいかがでしょうか。

ヤフーの企業サイトの求人1 【Yahoo! JAPANトップページ】編成/編集 のページはこちら(リンク切れ)

求人1にあたるdodaのページはこちら

ヤフーの企業サイトの求人2 【Yahoo!ニュース】編集 のページはこちら(リンク切れ)

求人2にあたるdodaのページはこちら

タイトルとURLをコピーしました